【閲覧注意】月島と鶴見の関係が複雑すぎて分からん7

  • 1二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 21:30:09
  • 2二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 21:50:09

    たておつ

  • 3二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 22:02:11

    たておつ

  • 4二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 22:03:16
  • 5二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 22:04:42

    >>1

    たて乙

  • 6二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 22:12:37

    前スレの通知表コメントの話だけど、
    月島の汚れ仕事の被害に遭ったキャラファンへの配慮な気がしてきた
    誰もが恨んでないと言ってくれるわけじゃないから「月島のやったことは肯定できないがわかってやってくれないか」って意味では

  • 7二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 22:36:14

    身も蓋もないことを言うと、谷垣や尾形へのコメントのふざけっぷりを見るにそんな真剣に捏ねくり回すモンでもない気がする…

  • 8二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 22:39:14

    信じたい気持ちが強過ぎたというのは、一度試された事でその後物事を素直な気持ちで受け取れなくなってしまったという意味にとってたな
    鶴見は必要な事を言わず愛を試すだけでたぶん嘘はついてないから、月島が考え過ぎて無縄自縛になってしまったのかなと

  • 9二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 22:57:17

    奉天の闇落ち月島ゲット時の鶴見の笑みが悪い感じに意味深で
    佐渡の男は「計画通り」だったのかな

  • 10二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 23:01:03

    そっか

    キャラ造形が緻密だから期待してしまった

    >>8

    期待を裏切られた分傷ついて盲目になってしまったってことか

    そういう考えもあるのか

  • 11二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 23:01:32

    >>7

    源次郎はともかく尾形のことは割と真面目に悩んで考えてたコメントだったと思うぞ!源次郎はともかく

  • 12二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 23:08:45

    「自分の仕事が捨ててきた物に見合うのか、という想いが常にあり、信じたい気持ちが強すぎたのです」

    23巻で月島が吐露した心情そのままのことを言ってるだけでは?

  • 13二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 23:13:53

    身も蓋もないけどそういうキャラ設定ありきで成績表付けてるんだろうし

  • 14二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 23:21:45

    手にかけてきた人たちの命の価値に見合うものがあると信じたかったってことだよね?

  • 15二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 23:41:46

    「強すぎた」ってニュアンスに引っ掛かってるんだよな
    でもまぁ、いいとか悪いではなく、そういう人なんですって意味で捉えることにするわ

  • 16二次元好きの匿名さん22/08/06(土) 23:58:52

    連投ごめん。「信じたい気持ちが強すぎて、引き返せなくなってしまっていたのです」ってことにする
    引用ありがとう

  • 17二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 04:49:23

    佐渡の男が本当に偶然で鶴見が一切関わってないなら嘘はついてないって言えるけど描写的にその可能性は低い気が…

  • 18二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 08:52:52

    前スレ104あたり参考にこう考えてる↓
    佐渡の男は工作→第二師団はあの場にいないから月島にバレる→中尉がそんなミスするわけないから試したのか?(読者混乱)→肩章2は聯隊番号で第一師団だからわざとバレるようにしたわけじゃない、月島が勘違いして偶然バレた(佐渡訛りで第二師団だと予想した?)
    「自分を部下にするためにいご草ちゃんは生きてると嘘をつかれた、この人は自分に嘘つく人だ」と思ってるときに「お前が大切な戦友だからだ」と言われて信じるかを試したのであって、佐渡の男のことまで見抜かれるのは想定外だった派

  • 19二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 10:06:39

    ウイルクとか宇佐美とか予測不可能な横槍が入ってはその度に計画変更を余儀なくされている鶴見中尉の事だから、これももしかして彼の計画外の横槍なんじゃないかなって思ったりもした

    第一師団長は奥田中将だから月島を離反させて引き入れたかったとか

    でもそうなると >>9 のシーンの説明がつかないんだよね…

  • 20二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 11:06:53

    鶴見が直接会っていないはずの月島の父親を「あの父親」と呼ぶのはひょっとして生前面識があったのかな?と思った
    月島の真っ当さも鶴見が入れ込む資質もいごちゃんの愛パワーによるものだけでなくDNA的な要素もあるとしか思えん

  • 21二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 11:13:36

    >>14

    失った戦友や部下達、巻き込んで死なせてしまった者達の命もあると思う(これも手にかけた命とカウントされる?)

    こちらの方は生死を共にした身内で人数が圧倒的に多く託された思いも知っている分重い

    あといご草ちゃんへの想い

    これらを鶴見と二人で抱えて狂ったように走っていたと思っていたけど、迷いが生じて走る足を緩める度に重さを実感して徐々に押し潰されそうになっているのが樺太編以降かな

    しかし鶴見の大義への期待と責任感も罪悪感もあるから全て放り出せず最後まで鶴見の伴走をするつもりだったが敢えなくドクターストップになってしまったと

  • 22二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 11:25:37

    >>20

    「息子の恋人を殺して家の下に埋めた」なんて無茶な工作とおるかわからんし

    そこはしっかり聞き込みとかで下調べしたんじゃね?

    「あの父親ならそのくらいしてもおかしくない」って島民も法も騙せると確信してやったんだろうし

  • 23二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 13:01:08

    >>20

    隊にいた頃にも自己紹介程度には身の上話を聞いていたのでは

    あと佐渡出身の兵達からも「あの家はヤバイ」と聞き及んでたとか

    何しろ月島は地元の同年代で知らない者はいないくらいの有名人だったから

  • 24二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 13:29:05

    >>11


    泣かないで、ゲンジロちゃん

  • 25二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 13:52:09

    中尉って(汚れ仕事もする)部下としてのスカウト目的で近づいたのを、最初から「大切な部下だから助けた」って偽ってる以外は、月島に嘘ついてないって思ってるんだけど、あってる?

  • 26二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 14:30:10

    >>25

    あくまで中尉の中では「汚れ仕事ができる部下がほしい」も「大切な部下だから助けた」も本心だったのでは?と思った

    中尉自身が妻子を亡くしても国防第一で戦う人だった

    良くも悪くもな月島の自己犠牲精神をみてること考えると

    「あんな父親のために死なせたくない・大義という目標を与えて一緒に報われたい」って気持ちが少なからずあったのでは?みたいな

    しっかり嘘ついたのは劇場やるための舞台装置として用意した佐渡の男を偶然と言ったことくらいなんじゃないかなーと思っている

    月島自身も特攻決意した時「大切な部下だから」と言ってくれた中尉を思い出していたので嘘ではなかったといいなって願望だけど

  • 27二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 14:54:17

    >>26

    自分もこれだな

    両立して情も打算もあったと思う

  • 28二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 15:19:41

    国防の為に優秀な兵士が必要だと痛切に感じている時期なのに、ただの死刑囚を同郷の部下だからという理由だけであんなに手間暇かけて釈放する余力はないと思う
    佐渡島〜仙台〜東京の移動だけだって安くもないし時間も日単位でかかるし、上流階級の堅いガードを掻い潜っていご草ちゃん親子に面会も果たしているし、当時の鶴見の持つ職権からコネも伝手も総動員したのでは

  • 29二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 17:07:33

    中尉と月島の関係に贋作師の熊岸の「本物が作れれば贋作なんて作らなくてよかったのに」って台詞を照らし合わせて、偽りの関係からでも本物を作りたかったんだと考えられたら、味わい深くていいな〜と思った

  • 30二次元好きの匿名さん22/08/07(日) 21:42:16

    >>28

    あの時はまだアイヌの金塊探しもなかったのにそこまでして月島をゲットしたいのかとビックリするよね

    原作にない部分なので妄想でしか補えないが日清で目を見張るほどの活躍を月島がしたんだと思ってる

    そこで上官である鶴見のお眼鏡にかなったとしか考えられない

    監獄で2人で会話してるシーンは初対面という風にはみえなかったので日清でそこそこ面識はあったんだろう

  • 31二次元好きの匿名さん22/08/08(月) 01:22:05

    そういえばあの時点で金塊の話もなかったのか
    次の戦争に備えて愛の兵士を作っておきたかったって事?
    それにしてもかなりの労力がかかってる

  • 32二次元好きの匿名さん22/08/08(月) 01:37:34

    >>30

    鶴見としては次の戦争に勝つ為に優秀な兵士を集めて育てて強い軍隊を作る必要があった

    その為にはまず自分の理想とする優秀な兵士を育てる為の強くて賢くて真面目で面倒見の良い部下が必要なので、月島にその素質ありと見て育て上げることにしたのだと思う

    (まさにマイフェアレディ)

    結果月島は鶴見好みの優秀な下士官となり、多くの部下達を強い兵士に育て上げることが出来た訳で、鶴見少尉の目は確かだったと

  • 33二次元好きの匿名さん22/08/08(月) 02:05:47

    >>32追記

    ほぼ一から育てて思い通りに育ったんだから、それはもう信頼度も思い入れも一入だろうよ

    月島としては自分は無価値と思ってたり、鶴見が自分を助ける為にいかに苦労したととか語るのですとか愚痴ってたけれど、月島の存在自体が軍人鶴見の長年の苦労の結晶みたいなものなのでそれは嘘ではないと思う

  • 34二次元好きの匿名さん22/08/08(月) 07:48:17

    このレスは削除されています

  • 35二次元好きの匿名さん22/08/08(月) 08:18:15

    >>31

    これむしろ鶴見は金塊の話を聞く前から折を見て中央に反逆するつもりでいた可能性が見えてこないか

    自分には鶴見がただの愛に飢えた優しい護国の人とは思えない(冷酷な面にも魅力があるから)

    仲間のためにしては花沢中将を殺して師団がより冷遇されるように仕向けたとこが変だと思ってたんだよね

    情報将校の仕事を任されたせいでフィーナを巻き込むことになったし、28巻のセリフから中央政府に嫌気がさしてるのがわかる

    早くからクーデターを目指して仲間を集めてた?

  • 36二次元好きの匿名さん22/08/08(月) 09:09:50

    日清戦争からなのかそれ以前からなのかはわからないが鶴見は自分に従順な私兵を集めて軍内部で力を集めて
    いずれは軍を乗っ取ろうとしてたんじゃないかと
    幕末から続く藩という体制下の政治において明治時代においても長岡藩出身者は冷遇されていた
    鶴見の過去は明かされていないが長岡藩の落ちぶれた士族だったそうなので色々と辛酸をなめたことは明らかで
    その恨みつらみを軍内部のトップに躍り出ることで晴らそうとしてたんじゃないかと勝手な推測
    そこに途中からアイヌの金塊の話が舞い込んできたので金塊を使ってあれこれやってみたいという野望に火がついた
    結局はあれこれやってみたすぎて全部ダメになったけど

  • 37二次元好きの匿名さん22/08/08(月) 11:45:32

    鶴見は恐らく日清戦争で頭角を現してたであろう月島新兵にもともと目を付けて、更に彼の牢獄で座して死を待つ姿勢に強く心動かされたんだろうけど、
    でも鶴見に月島がどうして特別か質問したら「月島だから」という答えしか返ってこない気がする・・・理屈ではなく波長が合うというか。性別とか立場とか超越して引き寄せられる感じなのかも

スレッドは8/8 23:45頃に落ちます

オススメ

レス投稿

1.アンカーはレス番号をクリックで自動入力できます。
2.名前欄に#(任意の文字列)でトリップが付けられます。
3.本文に「dice(数字・1~10)d(数字・1~9999)=」で
 ダイスを振れます。 ※例:dice3d6=6 6 6(18)
4.誹謗中傷・暴言・煽り・スレッドと無関係な投稿は削除・規制対象です。
 他サイト・特定個人への中傷・暴言は禁止です。
※規約違反は各レスの『報告』からお知らせください。
 削除依頼は『お問い合わせ』からお願いします。
5.二次創作画像は、作者本人でない場合は必ずURLで貼ってください。サムネとリンク先が表示されます。
6.巻き添え規制を受けている方や荒らしを反省した方はお問い合わせから連絡をください。
7.レスの削除はスレッドが落ちてから10日間経つと操作できなくなります。